2007年08月19日

格言を作ろうの会

正義感とは一種の狂気である

正義の名の下に一方的な虐待を強いる人にとって、その虐待は一点の曇りも無く正義だ

それこそが狂おしい

しかしそれで仕方ないんだと思う

正常と異常の境目は曖昧だ

殺人事件を自分の世界の外の事のように「狂ってなきゃあんな事できませんね〜考えられない」とか言い放つコメンテーターは一般人としては別にいいがコメンテーターの資格はないと思う

そうやって自分の理解できない人種を刑務所に、病院に、公園に、学校に、どれだけ追いやって蓋をしてきた?

正義はきっと必要だから人間はその狂気と常に隣り合わせで戦っていくことを強いられる


ただ人の正義感を扇動し間違った方向に向かわせる確信犯は人間ではなく、悪魔と呼ばれる生き物である
見るに耐えない
もうやめてあげて




あと最近ラーメンは薄味が好き
posted by 悠介 at 00:24| ムンバイ ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。