2008年05月11日

ファンシー波動砲

前回までのあらすじ…歯が痛い


というわけで歯医者さんに行かなくちゃ!行かなくちゃ!と思って去年行ってた歯医者さんのカードを出したら見事に日曜休診だったもんで急遽ネットで歯医者さんを探しまくりました。
こんな時に世の中は便利になったなと思うもんで、もしネットが無かったら僕は今頃歯が痛すぎて意識不明の重体になっていたであろう§*'∀')
うちの近くに幸い歯医者があったんだけども、東洋医学がどうとか波動がどうとかf/1のゆらぎがどうとか月刊ムーな事ばっかり載せてて肝心の歯の話題についてはあんまり触れていなかったので却下。
あ、別に東洋医学とかを否定するわけじゃないよ§*'∀')歯以外の部分を必要以上に健康にされそうだったんで(笑)

とりあえずうちからまあまあ近くて日曜やってる歯医者さん見つけて行ったものの、いやまあまあ大変だったのなんのって。
とりあえず状況を説明して口を開けるじゃん。んで手を突っ込まれるわけだけど、内視鏡でゴツゴツやりながら
先生「痛いですか?」
ゆうたろうさん「痛いです」
痛いから来てるんだっつーの。んで冷たい空気を患部にプシューっと吹きつけられて
先生「痛いですか?」
ゆうたろうさん「痛いです」
僕は何しにここへ来てるんだろう、一旦帰ろうかと思っているところへよく冷えた水を患部に噴射し
先生「痛いですか?」
ゆうたろうさん「ウギャア!
…僕あんまMじゃないんですけど…

その後もスパルタな診療は続く。
歯茎に針を20回以上刺される経験はこれが最初である。むろん最後にしたい。
なんか虫歯が進行しすぎてて麻酔が効かないらしーんだけど、最初の麻酔の時点でブスブス5回はぶっ刺して「この人麻酔好きだなー」て思ってたけど、それでも水がかかるだけでまだまだ全然痛いのね。
おかしいなーとか言いながらさらに5回くらい追加して今度はほっぺたやら何やらに刺すので「ああ、この人は本当に麻酔が好きなんだなあ」て思った。しかもまだ全然痛い。
結局何回めかの麻酔で突然嘘のように痛くなくなったので、打つ場所が悪かったんじゃないかと。もう痛くないことを確認し歯医者さんは突然水を得た魚のようにゴリゴリと削り始めた。怖いっての。
とりあえずそこから先はすんなりと進み無事治療終了して次の予約したんだけど、まあ麻酔の打ちすぎで舌まで痺れてて喋れない喋れない。てか呼吸が困難。
そのまま友達見にホリデー行ったんだけど、まともに喋れなくて「ほわほひんほひゅーふへへふ(*´∀`*)」みたいになってて恥ずかしかったとかなんとか。

これ見てる人で歯科助手とか親が歯医者さんとか、または俺が歯医者さんみたいな人っているのかな?
ポワトリンファンの皆様方の仕事ってどんなのか気になるよね。善徳さんレベルにもなるとファンにDELLの人がいたりしたらしく。
うちも伊藤園の人とかいないかな?いないか。誰か就職してください。
posted by 悠介 at 23:45| ムンバイ ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。